“ピエロのリリシズムに血を通わせる”

 

 ピエロに魅了される画家八木道夫は、ヒトの喜怒哀楽の感情を抑制の利いたカラーリングセンスで表現する孤高の画才の輝きがあるように思われる。作家は、ピエロの道化の姿の真実を敏感に見抜き、自身をピエロに重ね、モティーフとして、自らの絵画世界の“主役”として様々な表現を試みてきた。「扉の向こう」では、化石やサンゴ、大樹が、命の象徴として配され、生命の内に(感情の歴史)宿る心の扉に未来や希望を、幻想的に描いている。仮面を持つピエロの表情に漂う哀愁が実に美しい。比べて「平和の使者」は動じない平常心のピエロが凛々しい。世界を巡礼し、人々の気持ちを浄化する使命に満ちる、現代を“生きる”ピエロのリアリズムが感動を呼ぶ。

文/クリスティーヌ・モノー




ルーブル美術館内のギャラリー展示とモナリザギャラリー個展の様子


八木道夫プロフィール

1947年静岡県焼津生まれ。

 

国画会会友、ウィーン・ハプスブルグ宮廷芸術家会員、日本チャリティー協会絵画講師、静岡県焼津市親善大使、アトリエ・八木主宰、’66・’82・’83全日本肖像美術展・特選3回受賞、’80国展初入選以降連続入、’82日仏現代美術展・フィガロ賞受賞、’86~’93現代童画展・佳作賞・奨励賞・優秀作家賞受賞、’01国際批評家連盟賞受賞、’07世界子供芸術展・社会教育芸術家賞受賞、’11ル・サロン展・銅賞受賞・’15銀賞受賞、’14 HAC文部科学大臣賞、他受賞・講演・外遊・個展多数、〔収蔵〕富山県・黒部市文化美術館、新川群ミラージュホール、上市町 弓の里資料館、静岡県・静岡市日赤病院、静岡県立聾学校、焼津市・文化会館、小泉八雲資料館、小川幼稚園、保育園、他埼玉県、群馬県


企画展歴・個展歴

■国展初出品(1980年)入選以後毎年連続入選25回

■常葉美術館「現代美術展」招待出品

■欧州・オランダ展・フランス展・アメリカ展

■中国・上海美術展

■日韓作家交流展

■インド・チェンナイ州立美術大学講演・個展

■北アルプス展望美術館個展

■町田市国際版画美術館

■青梅美術秀作美術展

■武蔵野美術大学テンペラ科ゼミナ―ル・久野和夫教室受講

 

受賞歴

■1966,82,83年 全日本肖像美術展 特選3回受賞

■1982年 日仏現代美術展 フィガロ賞受賞

■1986~93年 現代動画展初出品 佳作賞・奨励賞・優秀作家賞受賞

■2001年 チェコ日本現代芸術新世紀展(於プラハ城)(ハプスブルグ芸術友好協会・21世紀芸術文化大賞)

■2002年 上半期ベストアーティスト大賞受賞

■2002年 国際批評家連盟賞受賞

■2003年 平成15年度ベストアーティスト賞推挙

■2004年 大阪オアシス展出品

■2004年 スペイン・サマランカ国際アートエキスポ展

■2004年 A-21国際美術展ポーランド・ポズナン推挙出品

■2007年 国際子どもふれあい芸術展 / 社会教育芸術家賞受賞

■2011年 ル・サロン銅賞

 

テレビ・ラジオ出演

◇ NHK教育テレビ

 「絵筆と共に-八木道夫の歩み-」収録放映

◇ NHK教育テレビ

 「八木道夫とヨーロッパを語る」収録放映

◇ SBS静岡放送

 「笑う仮面の下に」収録放映

◇ ICN町田テレビ局

 「夢を描く親子」収録放映

 

主な収蔵先

静岡県焼津市文化会館

静岡県焼津市議会会館

静岡県日赤病院

富山県「新川文化ホール(ミラージュホール)」

富山県魚津市「経田中央農協会館」

富山県「黒部市国際文化センター」

富山県富山市「八尾コミュニティセンター」

埼玉県さいたま市「更正保護法人 清心寮」

群馬県草津町「草津温泉 ホテル一井」

富山県 八尾町コミニティー文化センター

静岡県立静岡聾学校

群馬県立前橋聾学校

 

主な肖像画

東京都町田市歴代市長

富山県経済連歴代会長

指揮者 小澤征爾

女優 鰐淵晴子

バイオリンニスト ボフスラフ・マトウシェック

A・Kライシャワー博士

元内閣総理大臣 故小渕恵三

元法務大臣 故住栄作

長野女子短期大学初代学長 小林倭

他著名人多数

 

その他

現在

国画会会友、ウィーン・ハプスブルク宮廷芸術会員、日本チャリティー協会カルチャースクール絵画講師、アトリエ・八木主宰

元全日肖展無鑑査、元現童展会員